海のこと玉〜石の小さな標本箱作り〜

遠い土地の友達に思いを馳せながら、浜にある石を使って名前をつけたり標本箱を作るワークショップが浜風きららにて開催されます。

自分たちが住んでいる場所(久之浜・海)とは、全く異なる自然環境・文化(只見・森)を持つ土地の友達に思いを馳せながら、浜にある石を使って名前をつけたり標本箱を作るワークショップが浜風きららにて開催されます。ワークショップを通して、自分たちの住む地域の魅力を見つめてみよう。

 

【プログラム詳細】

福島藝術計画 × Art Support Tohoku-Tokyo2018
福島こども芸術計画
アートワークショップ「海のこと玉〜石の小さな標本箱作り〜」

只見の自然を作り出す大雪と関係の深いブナ。そんなブナの森に潜んでいるいきものたちの姿を想像しながら彼らが使うものかもしれない道具を只見の子どもたちに考えてもらいました。その道具たちを見たあと、アーティストの岩田とも子さんと一緒に、浜にあるたくさんの石から標本箱を作るワークショップを行います。久之浜の子どもたち自身にも自分たちの地域の魅力を知ってもらうことも狙いにしています。只見の子どもたちが作った作品の展示「ブナの森の道具屋さん」も10日間展示していますよ!

◎講師
岩田とも子(アーティスト)
身近な自然物の観察・採集から宇宙的なサイクルを体感するような制作をするアーティスト。発表形態は多様で2012年に畑を舞台に展開した「SILENT MIXER」、2014年に香川県粟島での自然物を採集 するプロジェクト「粟島自然観察船」その他、自然学校の講師と共同で森の中で子どもワークショップを定期的に行う。生き物に対する素朴な視点、そこからはじまる学びと表現を大切にしている。

◎会場と日時
<日時・会場>
日 程:平成31年3月24日(日)(13:00~15:00)
定 員:12名
参加費:無料
対 象:小学生
申 込:氏名・学年・保護者氏名・電話番号(日中繋がるもの)を明記し、メールまたはFAXを送ってください。
会 場:浜風きらら(〒979-0333 福島県いわき市久之北町52−1)

※ワークショップに合わせた展示「ブナの森の道具屋さん」も同会場にて開催。
「ブナの森の道具屋さん」
日程:3月16日(土)〜25日(月)の10日間
時間:11:00〜20:00
料金:入場無料

<アクセス
・JR常磐線「久之浜」駅 から徒歩で約5分
・磐越自動車道 いわき四倉ICから車で約15分

申し込み・お問い合わせ
特定非営利法人Wunderground(担当:会田)
〒970-8026 福島県いわき市平字白銀町 2-10 TATAKIAGE BASE 201
TEL:090-2997-1849 FAX:0246-23-6566
EMAIL:info@wangura.net

主 催:福島県、東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、特定非営利活動法人Wunder ground
協 力:浜風きらら株式会社

福島藝術計画 × Art Support Tohoku-Tokyo(東京都による芸術文化を活用した被災地支援事業)は、福島県、東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)の三者が共催し、地域の団体と協働してアートプログラムを実施する事業です。文化芸術に触れる機会や地域コミュニティの交流の場をつくり、文化芸術による地域活力の創出と心のケアという視点から復旧・復興を支援します。