福島ビエンナーレ、いよいよ開幕

福島県中通りを中心に隔年で開催されている「福島ビエンナーレ」が今年も開催されます。二本松市を中心に、複数の会場で様々な展示、シンポジウムなどが行われる予定です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-09-20-16-01-15%ef%bc%89

福島ビエンナーレは、福島県中通りを拠点に隔年で開催されてきた大型アートプロジェクトです。福島大学が中心となり、「福島現代美術ビエンナーレ」という名称で、2004年から開催されてきました。福島を拠点にした若手アーティストを支援し、幅広い世代の人々が興味、関心を抱く最先端のアートを紹介する中で、幅広い芸術活動に触れる機会や、国際交流する場を設けています。

今年より「福島ビエンナーレ」として再始動。メイン企画となる「重陽の芸術祭」は、10月8日より開幕。二本松を中心に、様々な展示、シンポジウムなどが開催されます。最初に開催される「重陽の芸術祭」ほか、高村光太郎や、その妻の智恵子に関する企画が予定されています。福島県最大規模のアートプロジェクトとなります。

東日本大震災後、福島県は原子力発電所の事故によって、伝統的な文化が失われつつあります。地域の芸術活動の支援も少ない状況にあるでしょう。福島の伝統文化と東日本大震災後のFUKUSHIMA をキーワードに開催する「福島ビエンナーレ」は、創作活動、鑑賞活動、体験活動を通して、人々が幅広い芸術に触れ、集い、交流する機会となるのではないでしょうか。ぜひ皆さん、足を運んでみて下さい。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-09-20-15-59-29%ef%bc%89

福島ビエンナーレ

展示
2016年9月9日~11月23日
・二本松城(霞ヶ城)天守閣   オノ・ヨーコ
・観世寺            月岡芳年

2016年10月2日~11月27日
智恵子生誕130年 高村光太郎没後60年記念事業 企画展「智恵子と光太郎の世界」
二本松市歴史資料館(二本松市本町1-102 電話:0243-23-3910)
(主催:二本松市) 高村光太郎、高村智恵子
二本松市智恵子記念館(二本松市油井字漆原町36 電話:0243-22-6151)
(主催:二本松市 入館料 一般 500円)
※企画展開催中無休 9時00分~17時00分(ただし、入館は16時30分まで)

2016年10月4日~11月6日
・二本松市大山忠作美術館(福島県二本松市本町2-3-1 二本松市市民交流センター3階)
大山忠作美術館の作品とともに、若手作家を中心とした「菊」の作品を展示
大山忠作,荒井経,上田風子,大槻透,岡村桂三郎,近藤丹子,今実佐子,佐藤陽香,鈴木美樹,鳥山玲,中村衣里,松井冬子,宗像利訓,宗像利浩,吉田重信,渡邊晃一,福島大学学生/北村はるか,瀬川晶,森山太一,Ahmad Galal(エジプト)

2016年10月8日~11月6日 重陽の芸術祭
・二本松市市民ギャラリー
「氣」をテーマに、映画、映像作品、アニメ—ション等に関わる作品を展示
ガイナックス+山口晃,伊藤有壱(東京藝術大学),片山拓人,河野亜季,細川晋,斎藤岩男

・智恵子の生家
小松美羽

・福島県男女共生センター(10月8〜10日は市民科学者国際会議との共催)
U.S.A /オノ・ヨーコ『福島のための空の曲』, 長澤伸穂(ニューヨーク州立大学),岩根愛(ハワイ)
England/石川浩子、Germany/Zero Reiko Ishihara
Holland/鈴木樹里
France/Cecile Brice
Switzerland/Cornelia Hesse-Honegger
Mexico/Susana Castellanos, 伊藤公象,岡部昌生,河口龍夫,久保井博彦,ほか

・二本松工藝館 『アリスの椅子』
柴崎恭秀(建築家),後庵野かおり(工芸作家)

・ 大七酒造 Mexico/保住将文

・ 国田屋醸造 千の花 千葉清藍 福島県二本松市竹田2丁目30

・安達が原ふるさと村
手塚治虫,松本零士,浅尾芳宣(ガイナックス)、木下史青,小堤製作所,サガキケイタ,武谷大介,千葉清藍,橋本徳彦,和合亮一,長澤伸穂(ニューヨーク州立大学),Richard Bond(イギリス)

映画『黒塚』 制作:はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト
《KUROZUKA 黒と朱》2014年、主演:平山素子(舞踊家)、撮影監督:高明、
音楽:野島健太郎、企画・美術:渡邊晃一
《KUROZUKA 黒と光》2015年、主演:大野慶人(舞踏家)、撮影監督:古田晃司、
音楽:落合敏行、企画・美術:渡邊晃一
《KUROZUKA 闇の光》2016年、主演:舘形比呂一(舞踊家)、撮影監督:増山和信、
音楽:落合敏行、企画・美術:渡邊晃一

映画『黒塚』 制作:福島ビエンナーレ
《KUROZUKA 源流の阿武隈川》2016年、詩:和合亮一、撮影監督:嶺隼樹、
音楽:野島健太郎、サウンドスケープ:永幡幸司、企画・美術:渡邊晃一

・道の駅「安達」智恵子の里 上り  二本松上川崎和紙伝承館・北村はるか
・道の駅「安達」智恵子の里 下り  柴田美千里,山崎千尋

・福島大学
「ドイツから戻ってきたTEGAMI 5年目展」TEGAMI – Perspektiven japanischer Künstler
( 手紙 -日本人アーティストの視点)プロジェクト:主宰 綿引展子
U.S.A/Dillon Rapp, Hayden Senter, Jennifer Tancreto,
Germany/Bea Emsbach ,Max Weinberg
Bangladesh/Md. Tarikat Islam
Mexico/Juan Sebastian Becerra Mancilla,Visente Mesinas,Carmen Flores
福島大学学生

10月10日~11月23日 9:00〜16:00
福島県立霞ヶ城公園(二本松市郭内3丁目地内)※国指定史跡 二本松城跡
「第62回 菊の祭典 二本松の菊人形」
(主催:一般財団法人二本松菊栄会  参観には入場料が必要となります)
ヤノベケンジ+増田セバスチャン