学校連携共同ワークショップ参加校作品展

今期、福島藝術計画が公式プログラムとして開催してきた「学校連携共同ワークショップ」の作品展がいわきで開催されます。

今期、福島藝術計画が公式プログラムとして開催してきた「学校連携共同ワークショップ」は、美術作家を先生として招き、各学校で子どもたちを対象としたワークショップを開催するプログラムです。作家が学校に出向いて子どもたちと交流しながら、いっしょに創作活動を楽しみます。今年度のワークショップは、昨年に引き続き『おとなりアーティスト』と題し、福島県出身のアーティスト2名(工芸家/デコ屋敷本家大黒屋21代当主・橋本彰一 氏、デザイナー/コラージュ作家・佐藤洋美 氏)を招いて、県内12カ所の幼稚園から高校でワークショップを開催しました。参加者総数500名以上。本展覧会では、ワークショップで作られた作品を展示いたします。子ども達の思いやときめきがギッシリ詰まった素敵な作品をぜひご堪能ください!

 

 

【開催概要】
学校連携共同ワークショップ参加校作品展 in いわき

会期:平成30年2月7日(水)~2月12日(月・祝)
時間:9 : 00~17 : 00(入館は16 : 30まで)※最終日は13 : 00まで
会場:いわき市暮らしの伝承郷 企画展示室(いわき市鹿島町下矢田飯野14-16 TEL : 0246-29-2230)
料金:入場無料