岡部昌生フロッタージュプロジェクト成果展

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト公式プログラム。フロッタージュ作品で知られる、美術家の岡部昌生の成果展。いわき市を舞台に開催。

美術家・岡部昌生は、フロッタージュによって長年国内外の各地に残る歴史の痕跡を擦り取る活動を続けています。美術家の立場から歴史に真摯に向き合う活動は高い評価を受けており、2007年には第52回ヴェネチアビエンナーレの日本代表を務めています。

東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所の事故後の福島で始まったはま・なか・あいづ文化連携プロジェクト岡部昌生フロッタージュプロジェクトは、南相馬市の津波の痕跡をフロッタージュで記録する活動から始まり、被災地の土地の記憶に遡る活動を展開してきました。

活動を通して次第に浮き上がってきた震災の記憶、歴史の断片、今なお課題を抱える原発事故の被害。これらを作品に刻み続けてきたプロジェクトの成果のうち、津波によって生じた傷を生々しく残す南相馬市の住宅の基盤や南相馬市の歴史を物語る史跡のフロッタージュ作品を中心にご紹介します。

 

52d068eaff1118ec1dfa7ebf25834bcb 440bee8bae788688010d680bd72822ea

 

岡部昌生フロッタージュプロジェクト成果展
会期:2015年10月24日(土)〜11月27日(金)
観覧時間:10:00〜18:00(会期中無休)
会場:もりたか屋3F 福島県いわき市平三丁目34
主催:はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会
入場料金:無料

◆会場の問い合わせ:NPO法人Wunder ground
〒970-8026 福島県いわき市平三丁目34
TEL:050-3555-6612(会田)
MAIL:indo@wungura.net

◆事業の問い合わせ:はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会事務局
〒965-0807 福島県会津若松市城東町1-25(福島県立博物館内)
TEL:0242-28-6067
FAX:0242-28-5986